読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももも桃源郷

毎日を楽しく過ごすコツ

どんなとき幸せと感じるか、知っておくのって大切ですね

おはようございます、ももみです。

昨日の幸せな夜について、書きたいと思います。

f:id:momomi25:20170405185553j:image

写真は関係ありません(笑)でも、この夜も幸せだった。

 

新年度になり、仕事も忙しくなりますね。仕事にも慣れて来たし、今月からは残業なんてしない!と思っていた私でしたが、2日目にして挫折…1時間も残業し、早く帰れと怒られ、でも今日中にやってほしいと頼まれたんだもの…という葛藤…

疲れるわぁ〜。

こういう時、会社勤めなんて辞めてやろうかな、って頭をよぎりますね。

でも、基本的に私は会社に属して仕事をすることが好きだし、多分向いているのです。約1年に及ぶニート期間で実感しました(笑)その話も今度書きたいな。

 

まぁ自分で仕事をするってことを選んでるんですけど、とは言っても、疲れて最低な気分になることもありますよね。

いつもなら、こういう日は重〜い気分で家に帰って、シャワー浴びて、ご飯作るのめんどくさいな…と思ってる間に夫が帰って来て、結局手伝ってもらってご飯食べて寝るんです。

 

でも、昨日は違いました!

 

いつものように、駅に着いてから「今から帰るー」と夫にLINEをすると、ちょうど休憩時間だったようですぐに返信が。

夫「遅かったね、疲れてる?」

私「残業もしたし疲れた〜」

夫「今日は温泉に行こう!」

私「まじで!」

 

…と、いうことで、温泉に行くことになりました!

いつも思うけど、うちの夫はプロの夫です。私を喜ばせるために生きている(笑)

 

帰宅後しばらくのんびりして夫の帰りを待ち、一緒に晩ご飯を食べに行って、その後、閉店間際の温泉へ。

時間は22時すぎ、利用者もまばらでみんなそろそろ帰るようです。

商業施設に併設されている施設なのでそんなに期待していませんでしたが、 そこそこの広さがあるし、天然温泉で、露天風呂もあります!

 

みんな出てしまい、露天風呂では私ひとりきり。

塩分濃度が高いのか、傷にしみる〜(笑)

でも、体を伸ばすと、気持ちいい。

人目を気にせず、ぐーっと伸びをする。

寒いせいかな、体を伸ばしたの、ほんと久しぶりな気がする。

あったかい。

ぼーっと、仕事のことを考えた。今日も大変だったけど、仕事を頑張ってるからこそ、深夜の温泉が楽しめる。

張り詰めている時間があるから、それを緩めたときの幸福感が大きくなる。

これもまた、私の選んだ幸せの形なんだよね。

 

お気に入りの時間のレパートリーがひとつ、増えた夜でした。

 

 

 

 

 

地元、岡山が舞台の「ひるね姫」を観てきました!(若干ネタバレ?)

こんにちは、ももみです。

地元の岡山では割と色んなところで見かける、ひるね姫を見に行って来ました!

f:id:momomi25:20170402183324j:image

正直、そんなに期待せずに行ったけれど、いい映画だった。あったかい気持ちになれた。

 

あまり書くとネタバレになってしまうけど、主題歌のデイ・ドリーム・ビリーバーとの相乗効果がすごい。

↓公式サイトの主題歌

映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」オフィシャルサイト 神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション!

 

最後の方の「ずっと夢見させてくれてありがとう」とか、本当にじーんとくるわぁ。

 

さて、肝心の内容。ももみ的見どころは、ふたつ。

ひとつ目は、夢と現実の行き来。

とてもうまく構成されていて、物語がかなりの急展開で進んで行くにもかかわらず、違和感なく受け入れられる。

それに、夢と現実と色んな人の思いの混ざり合う不思議な感じが、見終わった後もいい余韻を残してくれる。

 

ふたつ目は、パパのかっこよさ!笑

パパとココネ、じぃじとママ、パパとママ。色んな絆があって、どれもさり気なく描かれているんだけど、だからこそあったかい気持ちになる。そして、パパはかっこいい(笑)

パパのママとココネへのぶっきらぼうな愛情にキュンキュンしますよ! 

 

ちなみに…岡山が舞台なんだけど、知ってる風景は瀬戸大橋しか出てこなかったよ。

あと、桃太郎伝説が組み込まれてるんだけど、本当最後の方まで「いつ犬出てくるの?」って思ってたよ、私は。

みなさん、犬だけ人間じゃありませんよ。探してみてね(笑)

 

 

 

タラレバ娘を観て考えた、後悔しない生き方

ドラマ「東京タラレバ娘」の最終回を見終わりました。

最終的に早坂さんとお別れして、KEYを選んだ倫子。うーん、難しいなぁ。

 まぁ、お別れしたって言っても振られたんだから、早坂さんっていう選択肢はなかったわけですよね。

迷ってる間に逃げられた。そして、今度はKEY君へ…自分の気持ちに嘘はつけない!みたいな感じだったけど、なんだか、早坂さんと付き合うときの流れと同じだった気がするのは私だけ…?

 

…でも、人生ってそういうものなのかも。

強く願っても叶わないことってあるし、逆に思いもよらない所で「これが運命なのかな」って感じる事が起きたりもする。

 

後悔しないと決める

後悔しない道を選ぶって、難しいようで、実はそうでもない。と、私は思ってる。

後悔するかしないかって、自分の過去の選択を後になってどう考えるか、ということ。

まさにタラレバだけど、「あの時あっちを選んでたら…」と考えてしまうと、後悔になる。

だけど、過去の選択って変えられないから、結局のところ、それを考えたってどうしようもない。

ありきたりな言い方だけど、「今」幸せでいられる方を選ぶことが大切だ。

そして、自分の力では選べない事は、受け入れる。

「私はいつだって、その時一番幸せになれる方を選んできた」と信じて、後悔しないと決める。

決めるか決めないかの問題だ。

 

私の話になるけれど、過去のどの選択も間違っていなかったと信じている。

例えば、第一志望の大学に落ちて、地元の大学に行った事。どうしても行きたければ浪人できたけど、地元の大学に行ったことで授業料の免除が受けられて親の負担が減らせたし、実家にいたからこそバイト代を貯めて短期ホームステイや海外旅行にも行く事ができた。

さらに、実家を出た今となっては、もう離婚でもしない限り、もう親と一緒に住む事もなさそうだから、大学4年間実家にいられて良かった。

 

正当化してるだけ、と言えばそうかもしれないけど、それでいい。

どういう道を選んでも、「これが私にとって1番幸せな選択肢だった」と信じること。

信じるためには、今ある幸せを意識することが必要だから、結局全てが今の幸せに繋がる。

 

今、私は幸せ。

口に出して言ってみる。

何もない普通の1日を幸せにするために、フルーツタルトを買って帰る。

f:id:momomi25:20170402084805j:image

幸せだなぁ。

幸せだと思ったら、なるべく記録しておくといい。

嬉しいことはすぐに忘れてしまうから。

悪いことの方が心の中に残りやすいから。

 

そういえば、それでブログを始めたんだったな(笑)

 

momo-lifestyle.hatenablog.jp

 

うん、今日も幸せ。

 

 

 

 

 

 

机の上でミニ畑!サニーレタスと四季なりイチゴ 2週間目

こんにちは。ももみです。

春ですね!今年は桜が遅いようで、4月になりましたが岡山ではまだ咲いていません。

ちょっと面白いセットを本屋さんで見つけたので、春になることだし、始めてみました!

 

f:id:momomi25:20170401161201j:image

ジャーン!笑

中には四季なりイチゴとサニーレタスの2種類のタネと、小さな畑、肥料、説明書、それと小人たちが入っています。

f:id:momomi25:20170401161944j:image

 

さっそく、タネを蒔いて水をやってみました。

f:id:momomi25:20170401162114j:image

 

んー、個人的にはイチゴが楽しみですね!

手のひらサイズくらいの畑ですが、本当にレタスやイチゴが収穫できるんでしょうか…?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして2週間後(笑)

 

 f:id:momomi25:20170401163245j:image

ジャーン!笑

サニーレタスはタネを蒔いた次の日から芽が出て、どんどんと伸びています。

そして…イチゴは…まだ影も形もない。

夫には、「ちゃんとタネ蒔いた?」と聞かれる始末(笑)

おかしいなぁ…。

 

そもそも、四季なりイチゴって 何だ?

 

調べてみると、四季なりイチゴは春から秋にかけて収穫が出来るイチゴで、発芽には20度以上の気温と、十分な水分や光があって2週間くらいかかるみたい。

植えてから2週間たったけど、まだ寒いからかなぁ。

サニーレタスの成長を見守りつつ、イチゴの発芽に期待したいと思います!

 

 

 

 

 

 

人間関係でもう悩まない。見える範囲が私にとっての世界のすべて

おはようございます。ももみです。

最近、職場での人間関係についてモヤモヤする事が多いので、自分を励ますためにも、人間関係で悩んだ時の基本的な考え方をまとめてみようと思います。

 

そもそも、何にモヤモヤするのか

 私の目下の悩みはふたつ。

ひとつは、仕事が終わらない事。終わらないのに、残業するなって言われる事。

もうひとつは、職場の人達が仕事の押し付け合いをしていること。

まずはそれぞれについて、具体的にどういう悩みなのか、考えてみたいと思います。

 

ひとつ目の、仕事終わらない問題。

私の仕事は営業事務で、営業さんが見積もりを出したり、契約を取ってきたり、実際にその契約を実行したりする際の、事務処理全般を担当しています。

事務所には営業さんが3人。

 3人分の事務処理を私1人でするんだけど、まぁ終わりが見えない。

今の事務所に異動になってまだ2ヶ月。それぞれの営業さんでやり方が違って戸惑う。それに、私の前任者は10年くらい働いているベテランさんで、私は入社一年目のヒヨッコだから、同じものを求められても、知識も技術も足りてないので正直無理です…って言いたくもなる。

でも、無理ですってなかなか言えない。でも責任感だか、プライドだかわからないけど、頼まれたら基本的にはやってあげたいと思ってしまう。

残業も1時間残って仕事が少しでも終わるなら、ある程度はしてもいいと私は思ってる。でも、最近の社会問題もあって、残業への風当たりがすごく厳しいからそれも出来ない。

 仕事が終わらないと、それ自体もプレッシャーだけど、私は営業さんに怒られる、もしくは使えないやつだと思われるんじゃないか…って考えてしまう。

実施済み契約の処理が滞ると、他の場所にも影響があるから、それも気になる。

でも…どれだけ頑張っても、今の私には終わらせられない。悔しい。

ちなみに、仕事が終わらないのに早く帰れって時短を強要するのは、ジタハラって言うらしいですよ(笑)

 

もうひとつ。

部署ごとにある程度役割が決まっているんだけれど、(例えば、電話を取るのは私や総務みたいに事務所に常にいるメンバー、お客様からの要望を受けて実際に動くのは技術班や営業、って感じ)

営業は自分が動きたくないからって、技術班任せにしようとするし、技術班は事務所でできることは、たとえ技術的な内容でも私たち事務所メンバーにさせようとする。

1人の仕事が多く、残業を禁止されているのは私だけではないからみんな引き受けまいとするのかな…とも思うけど。でも、技術的な事を私に丸投げされても、困る。そもそも分からない事も多いし、調べたりお客様と調整したりするのにすごく時間がかかる。

暇ならやってもいいけど、私は自分の仕事すら終わらなくてひぃひぃ言ってる状態なので、それをされると本当に辛い…。

さらに私がなんとかしようと頑張っていると、私に仕事を急がせたい営業さんが技術班に文句を言ったりするものだから、温厚な私もさすがにイライラする…

 

全ての悩みは人間関係から

アドラー心理学の考え方で、全ての悩みは人間関係が原因、という考え方がある。

いろんな悩みに当てはめても、確かに…と思えるので、今回もそれを前提にもう少し考えてみたい。

 

2つ目の、仕事を押し付け合うっていうのは、明らかに人間関係の悩みだから考えるまでもないんだけど。

1つ目の仕事が終わらない問題はどうか?

これは仕事が多いことが問題のように思えるけど、実は違う。私は今の仕事が嫌いではないから、仕事がたくさんあること自体は悩みにはならない。

頼まれた仕事が終わらないと誰かに迷惑がかかるかも…という気持ちが、悩みになる。

それから、前任者は出来ていたのに…というのも、私が担当に変わってみんな残念に思ってるのかな…と考えるから、モヤモヤしてしまう。 

 

仕事が多いから悩んでるわけじゃなくて、仕事が終わらないことで誰かに迷惑を掛けてるんじゃないか、「使えないやつだ」と思われてるんじゃないいかって無意識のうちに思ってるから悩むんだよね…。

 

自分の見えている世界が全て

 悩みの本質みたいなものが見えてきたところで、自分を楽にするための考え方をひとつ。

「自分の頭の中で自分を責めるのはやめる。そして、自分でどうしようもないことに悩まない」

 

私たちにとって、自分の見える範囲がそのまま自分の世界になる。

ここでいう、見えるっていうのは、実際に目で見えるものだけじゃなく、自分の頭を通して、そこにあると思っているものも含まれる。

 

例えば、ニュースなんかで世界のどこかで争いとか貧困とかっていう問題が起きていることは、みんな何となく知っているはず。でも、それを日常的に意識できる人は少ない。意識して、支援するなり自分の生活を見直すなりしている人にとっては、遠い場所の問題も、自分自身の問題としてその人の世界に存在していることになる。意識していない人の世界には、普段はその問題は存在しない。

 

人間関係の悩みにも、これが当てはまる。

私が、周りから役に立たないと思われてるんじゃないか?って悩んでるのは、無意識のうちに自分でそう思っているだけ。だって、誰からも面と向かって言われたことなんてない。

他の人がどう思ってるか、私にはわからないし、私にはどうしようもない。自分でどうにも出来ないことを悩んでも仕方ない。

「気にしない」と決めてしまえば、案外と誰も私に不満なんてない、と思える。そうすると、目の前の仕事だけが残る。自分のペースでやっていけばいいだけだったんだ。

 

会社の人たちが、仕事を押し付けあっていると思うのだって、「お互いに不満に思ってる」と私が勝手に想像しているだけ。

本当にそう思ってるかもしれないし、そうじゃないかもしれない。でも、他の人がどう思うか、私に決められることじゃない。それは私が引き受けるべき悩みじゃない。

自分に本当に関係のあることだけ考える。私に出来ない仕事を頼まれて不満に思うなら、「出来ない」と言えばいいし、「あなたの仕事でしょう」と返せばいい。相手がどう思うか分からないけど、それは考えても分からないことだから、悩まない。悩まないと決める。

 

まとめ

大体の悩みは人間関係に起因する。

そして、人間関係の悩みの大半は自分の想像。私の頭の中で問題を作り出していることが多い…

他の人がどう思っているか、私には分からないし、変えられない。

絶対に変えられないものについて悩むのは、時間の無駄だよね。

自分の見える範囲が世界の全てになる。どういうものを見るか、自分でコントロールしていきたいな。

きっと、私の世界はもっともっと素敵になれる。

f:id:momomi25:20170401084657j:image

 

 

 

 

 

本当にこの人と結婚していい?と迷った時に読んでほしい。

こんばんは。ももです。

昨年くらいから、周りは結婚ラッシュ。結婚に踏み切るカップルがいる一方で、今の相手でいいのか悩んでいる子も何人かいます。

今の相手でいいのか?妥協すべきか?もっと良い相手がいるのか?

一生に一度きり(かもしれない)相手を決めるとなれば、何を基準に判断すればいいか分からなくなってしまいますよね…。

 

考えてみて欲しいのは、あなたが思い描く結婚生活と、結婚相手に求めるものは整合性が取れているか?ということです。

 

ここで、まず私の理想を聞いてください。(興味ないかもしれませんが…笑)

 

理想の結婚生活

f:id:momomi25:20170326235145j:image

春といってもまだ寒い日の朝、目が覚めるとまず「おはよう」と私を抱きしめる。私より少し先にベッドを出て、カーテンを開け、ストーブをつけて、歯ブラシを持って起こしにきてくれる。
私が歯磨きをしながらやっとベッドを抜け出し準備をしている間に、お湯を沸かして私が会社に持って行くお茶とカルピスを作ってくれてる。
私の着替えがおわったころには、朝ご飯を食べない私のために、飲みごろの温かいお茶を一杯。
運動のために駅まで歩く私を窓から見送ってくれて、やっと自分の準備を始める。ゴミの日には家中のゴミを集めて、時には洗い物も済ませてから、出勤。
私は電車に乗ると「乗れたよ」とLINEをするから、お互いに「行ってらっしゃい」と短いやり取りをする。

私のお昼休憩と退社の時刻も把握していて、そのころに必ず「頑張ってね」「お疲れ」とメッセージをくれる。私が忙しくて返信をしていなくても、絶対に文句はいわないし、その日課をやめることもない。

先に帰るから、平日の晩ご飯は私の担当。でも、味付けが薄くても、3日連続でカレーでも、たまに麺が伸びちゃっても、「美味しいよ、いつもありがとう」って言ってくれるし、作りたくない気分の時には(週1、2回はそういう気分になるけど…多すぎる?笑)代わりに作ってくれたり、お店に食べに連れて行ってくれたりもする。
食べた後はサッと食器を下げてくれて、一緒にソファに座って(私は寝転んでることも多い…)話したり、テレビを見たり、それぞれケータイ触ったりする。

眠たくなったら、同じタイミングでベッドに入って、マッサージしてもらってる間に私は寝る…笑

 

一緒に出かければ、 荷物を持ってくれるし、バスや電車では必ず奥の窓際に座らせてくれる。お店のドアは開けてくれるし、注文が決まったら店員さんを呼んでオーダーしてくれる。

私の実家とも仲良くしてくれて、一緒に泊まりに行ってくれる。

 

一緒にいて会話に困ることはないし、何も話さず2人で同じ空間にいても居心地が良い。 休みの日には次の旅行の行き先や、将来住む場所、子どものこと、老後の生活のこと…2人でいろんな想像をして、話し合う。

 

理想を現実にするためには?

こうして書き出してみると、私の理想の結婚生活には、相手のお金も容姿も社会的地位も必要ないんだな、と気づく事ができます。

 

「結婚相手に求めるものは?」と聞かれたら、毎日ドキドキできるくらいのイケメンがいい、お金の心配もしたくない、周りに自慢できるような仕事をしていて欲しい……と、きっとたくさん出てくる。

もちろん、どれも無いよりはあった方がいいものばかり。でも、立派なキャリアのあるイケメンと高級マンションで優雅な暮らしをしている自分、想像できますか?そこにいる自分は幸せそうですか?

 

私は、そういう完璧な相手の横にいる自分、想像出来ないんです。理想的な相手かもしれない。でも、その人とは理想の結婚生活は送れない。

 

上に書いた私の理想の生活は、実は実際に今、私が送っている生活そのものです。

これはこれで何を甘えてるんだ、と思われるかもしれませんが、私は結婚相手には一番の理解者になって欲しい。「私が幸せである事が一番重要」と本気で思っていて欲しいし、私の機嫌が良くなることを少しずつでいいから覚えていってほしい。

働くのは嫌いじゃないから2人で働いてお金を稼いだらいいし、私のことをそんなに好きじゃないイケメンよりは、平凡な容姿でも、私のことをいつでも「可愛い」って言ってくれる人がいい。

私がたまに「大好きだよ」と伝えるだけで、何日もご機嫌でいてくれるくらい、私のことを想っていて欲しい

それだけでいい。

 

理想の生活を明確にすると、本当に必要なことが分かります。

今の相手よりもっと条件が良い人なんてきっとたくさんいるでしょう。でも、本当に自分が必要な要素は何なのか。

それを相手は持っているのか?

 

理想が高いのが悪いとは思わないし、結婚のためには妥協が必要とも思いません。

「結婚したいから」と焦って、合わない相手と結婚しても、幸せじゃない。

 

何のために結婚するのか?

幸せになるためですよね。

 幸せな生活を思い浮かべて、そこに彼がいるなら、きっと間違いではないと思います。

 

 

 

 

お金が好き。貯める?使う?賢くお金と向き合う2

 

前回、こちらでお金の貯め方について私の考えをまとめてみました。

 

momo-lifestyle.hatenablog.jp

 

今回は使い方を考えて行きたいと思います!

f:id:momomi25:20170320181615j:image

 

貯めてるだけでは幸せになれない

前回の記事でも書きましたが、私は貯金が好きで、今まで使うより貯める方に魅力を感じてきました。

でも、最近はちょっと違うかな…と思うことが増えたので、考えてみようと思ったわけです。

まず、お金を貯めるのが好きって、何なんでしょう?何が好きなの?

私の場合、通帳の残高が増えると嬉しい。嬉しいけど、同時に「もっと」と思ってしまいます。来月にはこれくらいになる…と皮算用してしまったりね。

そこには、不安があるんです。お金を貯めておかないと、いつか困るかも…って思ってる。だから、増えて行く通帳の残高を見て、一瞬の安心を感じる。

でも、いつかっていつ?いつ困るの?

逆に、いくらあれば困らないって保証できるの?

そんなの、誰にもわからないですよね。

 

だから、私はファイナンシャルプランナーの資格の勉強を始めてみました。

FPに転職する予定は今の所ないけど(笑)自分のお金は自分でコントロールしたいと思ったから。

最初はプロのFPに相談しようと思ったんですよ。どうせなら、腕のいい人に相談したいと思って少し調べていて、途中で、気づいた。

将来のことなんて、所詮確率の問題だ…。

もちろん、豊かな知識と正確なデータに基づいて分析してもらえば、精度の高い予想は得られるんだと思う。でも、前提条件だって変わって行くし、社会の状況も変わる。

だったら、自分で勉強すれば、その都度状況に合った判断ができるんじゃないかな?…と、いうことで(笑)

勉強し始めて思ったのは、日本にはいろんな社会保障がある。そして、今の私の状況なら、本当に困った時にはそれらが受けられる、という事。

だから、前回のブログで書いたように、1年分くらいの生活費が貯金できたなら、あとはそんなに一生懸命に貯めなくても、とりあえずの安心は確保できるんじゃないかな、という結論に至ったのです。

 

やりたい事をやって、残りのお金を貯めるとか、何か目標があって使うために貯めるのはいいけれど、「お金を貯めるために貯金をする」というのでは、実はいつまでたっても本当の安心や満足は手に入らないんだと思います。

当たり前のことを言うようだけど、やっぱり、今が幸せじゃないのに将来が幸せなんて、あり得ない。

将来の幸せを案じて今何かを我慢するよりも、「今の幸せ」のためにお金を使うべきだよね。

 

 

この春挑戦したい、お金の使い方3つ

 ここからは、私が自分を幸せにするために今できるお金の使い方を考えてみます。

まだ寒いけど、もう直ぐ春ですからね。

これから暖かくなると思うと、ワクワクしますよね。

 

自分のメンテナンスをする

私の場合、Yogaを始めたいと思っています。体が昔から固くて、小さい頃は別に良かったんですが、最近は怪我をしそうになることがしばしば。

これから、体力も少しずつ落ちていったりするんだろうし、20代のうちに健康的なライフスタイルを手に入れたいという思いが強くなっています。

FPの事もそうだけど、自分で出来そうなことなら自分で出来るようになりたい性格なので、Yogaは何ヶ月か習えば、あとは自宅でも取り組めそうなので、その点も魅力的だなぁと思っています。

他にも、ウォーキングシューズを買って、パートナーと一緒に朝の運動、なんていうのも素敵だな、と思っています。

 

お出かけしたくなるアイテムを買う

お気に入りの洋服や靴を身につけると、それだけで気分も良くなりますよね!

私が春物で欲しいと思っているのは、「靴」と「トレンチコート」です。

どちらも、少し高くてもいいから、何年も使えるような良いものが欲しいです。

オシャレは足元から、なんてよく言いますが、良い靴を履くと全体的にオシャレに見えますし、何よりたくさん歩いても疲れないって、すごく重要です!

トレンチコートは、形も素材も似ているようで、色んなものがあります。お店に行って、トレンチコートだけを見て回っても全然飽きない!今年の春こそ、ビシッと決まる私だけの一枚を見つけたいです。

 

美味しいものをたくさん食べる

私もパートナーも、食べることが大好き。

冬には、カニを食べるために隣県まで出かけたりするのですが、交通費はかかるけど、とれたての蟹の味わいは格別!

春には春の、夏には夏の旬の物を食べに行きたいです。

桜祭りにいって屋台の焼き鳥を食べるのもいいし、暖かくなってくるから、早起きして朝市に繰り出して手作りのものを味わうのもいい。

自炊をするようになって気づきましたが、人に作ってもらうご飯というのは、本当に美味しいですよね。

この春も、色んなところでたくさんのものを味わいたいと思います。

 

まとめ

貯金も大切だけど、ある程度以上はそんなに意味はない。

今の幸せに勝るものなんてない。

貪欲に、「今」の幸せを求めていけるようになりたいです。